薬剤師 転職 調剤薬局

札幌市の薬剤師 求人 好条件を引き出す方法

札幌で薬剤師の求人を探してるなら、是非参考にしてください!自分の希望通りの職場で、好条件を引き出すための方法を紹介しています。同じ札幌の薬局の求人でも、探し方ひとつで条件が変わる!?

札幌 薬剤師 求人 Top > 調剤薬局への転職と仕事内容

調剤薬局で働く薬剤師の仕事内容とは?

調剤薬局で働く薬剤師の仕事内容は、大きくわけて3つに分類できます。
調剤薬局で働く薬剤師の仕事内容は、薬局により違いはあるものの、大きく分けて、

<調剤業務>
 1:処方箋の不備の有無をチェック。
 2:調剤
 3:監査

<服薬指導>
 1:患者の主訴の確認、アレルギー歴、副作用歴の確認、相談等のリスニング
 2:お薬手帳の情報の他、他科受診、併用薬の確認
 3:薬の用量用法の説明
 4:副作用の説明と副作用が起きた場合の対処法の説明

<薬歴の記録と管理>
 SAOPによる薬歴記録形式が一般的です。
・S(Subjective):患者または、家族などの代理の主観的情報
・A(Assessment):薬剤師による分析、判断、今後のケアの考察他、コンプライアンス上の問題点、改善目標、副作用の有無、可能性など。
・O(Objective):患者の客観的情報(体質、アレルギー歴、職業、妊娠の有無、他科受診、併用薬、嗜好品、家族の病歴など)
・P(Plan): 患者への指導事項・情報提供。医師への問い合わせ・情報提供・重複服用の報告など。また、特記すべき調剤上の伝達事項、次の薬剤師への申し送り等。

調剤薬局 薬剤師の業務は多岐に渡り、深い知識も必要

上記は、調剤薬局の薬剤師が必ず行わなければいけない仕事であり、どれひとつも省く事はできません。

これらの仕事には、薬剤師としての十分な知識も必要です。例えば、処方箋の不備のチェックには、保険番号などの保険情報のチェック以外に、用量、用法に誤りがないか、重複する薬はないかなどのチェックも必要で、誤りがあった場合は医師に問い合わせ訂正をしてもらわなければいけません。

また、最近では、患者の利益にもなり、かつ、国の医療保険費の削減にもつながるジェネリック医薬品の啓蒙も重要な薬剤師の役割になるので、ジェネリック医薬品について熟知する必要があります。その他、お薬手帳についても理解を深めていただくよう説明しなければいけません。

どの説明をする場合でも、患者の立場に立ち、分かり易い説明をすることと、信頼関係を築けるような誠意をもって取り組む事が大事です。

在宅医療の需要で、選択の幅も広がる

最近では、在宅医療への取り組みを行う調剤薬局もあり、在宅訪問服薬指導を行う調剤薬局も増えています。

この場合、従来の調剤薬局の仕事内容とは異なり、訪問診療を行う医師、看護士、ケアマネージャーなどとの連携をとり医療チームの一員となり業務を行っていきます。特に異なる仕事内容は、無菌調剤室を備える薬局では、在宅医療に必要な注射薬の調剤?提供もするので薬剤師としてよりスキルが求められます。処方箋も個々の患者により、調剤法が細かく指示されている場合が多く、粉砕や用法毎の一包化など多様です。

在宅医療の需要により、昨今の調剤薬局の仕事内容は、変わりつつあり、薬剤師にとっては、薬剤師としてどう働くかの選択肢が増えていくのではないでしょうか。